「低炭素杯」は、「脱炭素チャレンジカップ」に変わりました!!

これまで皆様のご支援をいただき開催してまいりました「低炭素杯」は、気候変動対策をより加速化するために、
昨年度に「脱炭素チャレンジカップ」と名称を改めまして、新たなスタートを切り、今回第2回目となる「脱炭素チャレンジカップ2021」を開催することとなりました。

前身の「低炭素杯」からの10年間の実績を踏まえつつ、時代のニーズや先進性に即した大会運営を心掛け、地域が主役となるべく、さらなる情報発信に注力していきたいと考えております。本大会をとおし、地域活動の活性化とネットワークの構築が促進されることによって、あらゆる主体の元、脱炭素な地域づくりへの実現化が図られるものと期待します。

脱炭素チャレンジカップ2021」は、新型コロナウイルス感染症の現状を鑑み、参加者およびスタッフの健康・安全面を考慮し、新たな形としまして、オンラインで開催致します。

前身の低炭素杯について

「低炭素杯」は、多種多様な団体(学校・企業・⾃治体・NPO等)が、⽇々取り組まれている地球温暖化防⽌につながる活動を募集し、最終選考で⼤会の舞台から⾃⾝の活動を発表します。発表を通して、取組のノウハウや情報を互いに共有し、さらなる活動に向けて連携や意欲を創出する「場」となることを⽬指し、2011年から開催している全国⼤会です。

過去の開催履歴はこちら

SDGs達成に向けて貢献

「脱炭素チャレンジカップは
持続可能な開発目標(SDGs)
を支援
しています。」

世界で気候変動問題が年々深刻化する中、「パリ協定」に基づき、世界の平均気温の上昇を産業革命前の2℃未満に抑え、脱炭素社会を構築することを我々は目指しています。
日本においても脱炭素社会の実現に向けて、社会全体での機運の醸成や効果的な対策への取組を強力に進めていく必要があります。
そのような状況の中、「脱炭素チャレンジカップ」では、様々なパートナーと出会える「場」を提供することによって、地域活動の活性化とネットワークの構築が促進され、あらゆる主体の連携が深まり、脱炭素かつ持続可能な地域づくりへの加速化が図られることを期待しております。

脱炭素チャレンジカップ SDGs貢献概要

キーワード
Think Globally
Act Locally
地域の取組を、世界に発信
Beyond Generation Beyond Japan
アットホーム!ワクワク感
①地域センターの参加による
全国展開
地域センターのネットワークで
地域活動の掘り起こし
(差別化)
オール日本の取組を
紹介・発信!
カーボンゼロ社会
②脱炭素取組モデル発信
再エネや省エネの取組
最新技術や地域活動を発信!
脱炭素による生活の質の向上
企業と市民活動のマッチング
③企業との連携
企業のニーズと地域のシーズをマッチング
課題解決
課題1情報の発信:
デザイン・ネットワーク・用途の明確化
課題2参加のプラスα:
満足度の向上・価値の向上と共有化

※地域センターとは、都道府県59か所に存在し「地球温暖化対策の推進に関する法律」によって定められた地域地球温暖化防止活動推進センターの略称です。

SDGSとは?
持続可能な開発⽬標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発⽬標(MDGs)の後継として、2015年9⽉の国連サミットで採択された「持続可能な開発のために2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続持続可能な世界実現するため17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰⼀⼈として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国から先進国まで地球上のすべての国が取組む普遍的なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

小宮山 実行委員長

江守 審査委員長

実行委員会

委員長
小宮山 宏 株式会社三菱総合研究所 理事長
副委員長
川北 秀人 IIHOE
[人と組織と地球のための国際研究所] 
代表者CEO
江守 正多 国立研究開発法人国立環境研究所 
地球環境研究センター 
副研究センター長
委員
森永 仁 一般財団法人セブン-イレブン記念財団
事務局長
髙村 ゆかり 東京大学 未来ビジョン研究センター 
教授
山盛 英司 朝日新聞社 
マーケティング本部長
菊池 圭一 環境省 地球環境局 
地球温暖化対策課 
脱炭素ライフスタイル推進室長
高田 研 一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 
理事長

(順不同、敬称略)

審査委員会

委員長
江守 正多 国立研究開発法人国立環境研究所 
地球環境研究センター 
副研究センター長
副委員長
尾山 優子 一般社団法人環境パートナーシップ会議 
理事 事務局長
委員
松井 敬司 一般財団法人セブン-イレブン記念財団
事務局次長
桃井 貴子 認定NPO法人気候ネットワーク 
東京事務所長
岩谷 忠幸 オフィス気象キャスター株式会社 
代表取締役
住田 美生 ユニ・チャーム株式会社 ESG本部 
ESG推進部 E&Sグループ
マネージャー
田谷野 一吉 株式会社ニトリホールディングス 
執行役員 社長室 室長
広報部マネジャー
代島 裕世 サラヤ株式会社 取締役
コミュニケーション本部 本部長
小川 勇造 一般社団法人日本WPA 事務局長
斎藤 由紀 ユタコロジー株式会社CSV推進室
マネージャー
佐藤 孝治 公益財団法人SOMPO環境財団 
事務局長
鈴木 修一郎 株式会社ウェイストボックス 
代表取締役
森 摂 株式会社オルタナ 
代表取締役 編集長
平井 正昭 G holdings株式会社 
代表取締役会長
南 利幸 特定非営利活動法人
気象キャスターネットワーク 理事長

(順不同、敬称略)

共催

一般社団法人地球温暖化防止全国ネット一般財団法人セブン-イレブン記念財団