募集要項

募集〆切り

2016年9月12日(月)17:00まで

対象者

低炭素社会づくり活動や地球温暖化防止に取り組む団体
法人格の有無は問いません。
(市民活動団体、非営利活動団体、企業、自治体(概ね人口20万人未満の市町村)、
幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校、専門学校 等)

応募条件

  • 日本国内を拠点とする取り組みであること。
  • 低炭素社会づくりの取り組みや、地球温暖化防止の取り組みであること。
  • 応募の段階で取り組み実績があり継続性が見込まれる取り組みであること。
  • 他と差別化できる先駆的な取り組みであること。
  • 特定の政党支持や宗教の布教を目的とした取り組みではないこと。
  • 最終選考(2017年2月16日)の1日間に出席できること。
  • 低炭素杯前日(2017年2月15日)15:00~会場にてデータ確認をしていただきます。

募集部門

  1. 市民部門
  2. 企業部門
  3. 学校部門
  4. 自治体部門

応募方法

7/29
start

エントリー部門を選ぶ

以下の4部門の中から該当するものを1つ選び、エントリーしてください。

部門名 含まれる団体種別 活動のキーワード(例)
※過去のエントリー団体の活動をご参照ください。
市民 非営利活動団体、地縁団体、管理組合、 商工会、協議会、大学、高等専門学校、専門学校 など 温暖化対策出前授業地域活性化まちづくりコミュニティ地域マネジメント啓発活動節電対策ライフスタイルシフト生産者消費者地産地消食品ロス
企業 企業、営利団体、事業所 など 次世代型製品開発技術開発社会貢献CSRCSVビジネスモデル社員研修
社内活動研究先進導入実践活動イノベーション循環型
学校 幼稚園、小学校、中学校、高等学校 など クラブ活動素材研究校外活動地域連携地域活性化国際協力環境教育社会交流廃棄物利用3R生物多様性フードマイレージ
自治体 概ね人口20万人未満の市町村
(特に中小の市町村の取り組みをお待ちしています)
まちおこし地域活性化市民協働スマートコミュニティコンパクトシティ創エネ蓄エネ再エネ新エネ普及啓発

〈参考〉前回のプレゼンテーション動画一覧:https://zenkoku-net.org/teitansohai/archive/teitansohai2016/movie.php

エントリーシート(応募書類)をダウンロードする

低炭素杯ウェブサイトより、エントリーシート(3種類)をダウンロードし、「エントリーシートの書き方」を参考にしながら、必要事項を記入してください。

*留意事項*

  • エントリーシートは、文字制限等にご注意の上、所定のフォームに収めてください。
  • エントリーシートに記載すべき内容を、別添資料に代えることはできません。
  • 応募内容は、低炭素杯2017報告書や広報関連書類等に使用させて頂く場合があります。
(種類)
  • エントリーシート様式1・・・A4 1ページ
  • エントリーシート様式2・・・A4 2ページ
  • エントリーシート様式3・・・A4 2ページまで

9/12
〆切

STEP3エントリーシートを提出する

2016年9月12日(月)17:00までに、以下の提出先 宛てに電子メールでお送りください。
受付後、事務局より受領メールをお送りいたします。

提出先
Eメール: teitanso-hai@jccca.org
低炭素杯事務局(地球温暖化防止全国ネット)

選考の流れ

12月
中旬

STEP4第一次選考(書類審査)

12月中旬に、第一次選考の結果をご応募頂いた全団体にご連絡いたします。選ばれた団体が低炭素杯2017のファイナリストとなります。

【選考について】

審査委員会において第一次選考を行います。
第一次選考を経て、最終選考である「低炭素杯2017」に出場頂くファイナリスト(35団体程度)を決定いたします。
審査基準は以下のとおりです。

1.部門共通の審査基準
評価項目 基準
共通項目 (1)貢献度 温室効果ガス排出削減、ライフスタイル変容など、低炭素社会づくりへ貢献している。
(2)必要性 地域社会の課題を把握し、市民ニーズに応える又はシーズ(種まき)を意図している。
(3)持続性 一過性のイベントや活動ではなく、持続可能な仕組みを確立し動いている。
(4)波及性 他の地域・組織への汎用性があり、低炭素社会促進の波及効果が期待できる。
2.部門別の審査基準
評価項目 基準
市民部門 (A)創造性・独自性 課題に対する新たな視点で、オリジナリティある取り組みを展開している。
(B)連携・協働 様々な地域の主体と連携し、多くの人々の参画を得ながら取り組んでいる。
(C)発展性・具体性 明確な目的・目標を設定し、その実現に向けた具体的な手立てを講じている。
企業部門 (A)先駆性・革新性 従来の企業活動と一線を画した創造的かつチャレンジ精神に富んだ取り組みである。
(B)実現性・発展性 明確な課題解決方針を元に、短期長期のスパンで事業の道筋を描き展開を図り、具体的に温室効果ガス削減効果を示している。
(C)社会性・波及性 事業を通して社会的課題解決を図り、新たなライフスタイルを提言している。
学校部門 (A)創造性・独自性 子どもや学生らしい視点で課題解決に臨み、ユニークな取り組みを展開している。
(B)連携・協働 学校周辺地域の様々な主体と連携し、多くの人々の協力を得ながら取り組んでいる。
(C)発展性・具体性 明確な目的・目標を設定し、その実現に向けた具体的な手立てを講じている。
自治体部門 (A)社会性・啓発性 事業を通して地域的課題解決を図り、新たなライフスタイルを提言している。
(B)実現性・発展性 明確な課題解決方針を元に、短期長期のスパンで事業の道筋を描き展開を図り、具体的に温室効果ガス削減効果を示している。
(C)連携・協働 様々な主体と連携し、多くの人々の参画を得ながら取り組んでいる。

12月
中旬〜

STEP5最終選考(プレゼンテーション審査)の準備

ファイナリストに選ばれた団体は、「低炭素杯2017」の出場に向け準備をお願いします。

〈参考〉前回のプレゼンテーション動画一覧:https://zenkoku-net.org/teitansohai/archive/teitansohai2016/movie.php


2/16

STEP6最終選考(プレゼンテーション審査)に挑む:2017年2月16日(木)

ステージ上で与えられた時間内(1団体4分程度(予定))で活動をアピールします。

表彰は、環境大臣賞ではグランプリ(1団体)と金賞(各部門から1団体 計4団体)、文部科学大臣賞(2団体)を授与いたします。
企業/団体賞の授与も予定しています。

STEP7受賞者決定(表彰式)

最終選考の結果、表彰式にて各受賞者に賞を授与します。

※賞は変更される場合がございます。
区分 賞名 / 授与元 副賞
環境大臣賞
(5件)
グランプリ トロフィ-及び受賞標章使用権
金賞(各部門の最優秀賞 計4団体)
文部科学大臣賞
(2件)
社会活動分野 トロフィ-及び受賞標章使用権
学生活動分野
企業/団体賞
(10件予定)
セブン-イレブン記念財団最優秀地域活性化賞 情報誌「みどりの風」紙面への記事掲載
LIXIL最優秀エコライフ活動賞 LIXIL HPでの紹介と広報活動支援
ユニ・チャーム最優秀エコチャーミング賞 ユニ・チャームHPでの活動紹介
ニトリ最優秀夢・未来賞 ニトリHPでの活動紹介及び記念品の贈呈
ウジエスーパー最優秀エコーガニック賞 「無限のぼり米」一俵
損保ジャパン日本興亜環境財団最優秀わくわく未来賞 財団主催の環境講座イベントへの招待
タカラトミー最優秀次世代賞 タカラトミーHPでの活動紹介と受賞証贈呈
気象キャスターネットワーク最優秀市民・学校エコ活動賞 気象キャスターによる出前講座の実施
オーディエンス賞
(2件)
マクドナルドオーディエンス賞 マクドナルド商品券
アンバサダー特別賞 アンバサダー特別賞 (*後日決定)
審査委員特別賞 審査委員特別賞 (*後日決定)
優秀賞 優秀賞 (*後日決定)

旅費の補助について

ファイナリストに選ばれた団体には、「低炭素杯2017」に出場する際の旅費の一部を補助いたします。
詳細は、ファイナリストの通知とともにご案内いたします。

本事業における個人情報の取り扱いについて

  1. 低炭素杯実行委員会は、本事業で収集するすべての個人情報の取り扱いについては、個人情報の保護に関する法令を遵守します。
    ただし、本事業及び関連事業実施に伴う連絡業務、属性の集計に使用する場合があります。
  2. 個人情報を本人の許可無く業務委託先以外の事業者や個人などの第三者に提供及び公開することはありません。

低炭素杯事務局(一般社団法人 地球温暖化防止全国ネット)

TEL:03-6273-7785  FAX:03-5280-8100  E-mail:teitanso-hai@jccca.org
WEBサイト:https://www.zenkoku-net.org/teitansohai/