エネルギー・環境戦略の選択肢に対する
討論型世論調査を応用した調査の途中経過について(速報)

エネルギー・環境戦略 市民討議 実行委員会では、市民の意見を政府に届けることを目的に討論型世論調査(deliberative poll®/DP)手法を応用した調査を開始しました。

 

神奈川県川崎市の選挙人名簿から無作為抽出した方を世論調査対象者として、7月5日に第1回目のアンケートと8月12日に行う討論イベントの参加意向調査を行いましたので、途中経過をお知らせします。