低炭素杯2014エントリー団体募集要領

※エントリー募集は終了しました

1. 募集対象

低炭素社会づくり、地球温暖化防止に取り組む団体、企業、学校 (幼稚園、小中学校、高校、大学、専門学校) 等

※法人格の有無は問いません。

2. エントリーから書類審査、プレゼンテーションまでの流れ

※書類審査の結果により低炭素杯2014に出場いただく30-35団体には、各団体3名分の旅費を主催者より支給いたします。

3. エントリーの手順及びエントリー締切日

(1) 部門別のエントリー

以下のいずれかの部門を選んでエントリーしてください。

部門 含まれる団体種別(例) 活動例

地域活動部門

NPO(法人格の有無は問わない)

自治会

商店会

商工会

自治体

地球温暖化に関する出前授業等の啓発活動

地域連携によるLED導入などによる節電対策、節電所の展開

太陽光発電・風力発電・バイオマスなど自然エネルギー導入の取組

など

学生活動部門

小中高校生

大学生

専門学校生

幼稚園児

学校と地域による緑のカーテンの取組

クラブ活動によるCO2排出削減の素材研究の取組

課外活動によるエコカー開発、実践活動

など

企業活動部門

一般企業

省エネ製品の開発、販売、普及などを通じた社会貢献に資するビジネスモデルとなる活動

社員による社内的なCO2排出削減の先進導入・実践などの取組

CSR活動を通じた出前教室 などの活動

など

パートナーシップ部門

団体種別を問わない

クールシェアなどの全国的なCO2排出削減の取組

海外での対象国のカウンターパートとの協力による低炭素活動

東北の震災復興を通じた自然エネルギー促進などの活動

地域と連携し地域資源(農・林などバイオマス) を活用したソーシャルビジネス(起業)

など

※低炭素杯2014ウェブサイトに掲載している低炭素杯2013エントリー団体の活動もご参照ください。

(2) エントリー書類のダウンロード 

低炭素杯2014エントリー団体募集要領[PDF]

低炭素杯2014エントリーシート【様式1】はこちら[xls]

低炭素杯2014エントリーシート【様式2】はこちら[xls]

低炭素杯2014エントリーシート記入の際の注意点はこちら[PDF]

(3) エントリーシートの記入・提出方法とエントリー締切日

必要事項をご記入頂き、以下の提出先まで平成25年10月15日(火)までに Eメールでお送り下さい。
事務局よりエントリー受付のご連絡をいたします。

(4) 書類審査・結果通知

書類審査の結果を12月中にエントリー頂いた全団体にご連絡いたします。

提出・お問い合わせ先
低炭素杯2014実行委員会事務局(一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 低炭素杯2014担当)
Eメール:teitanso-hai@jccca.org 電話番号:03-6273-7785

4. エントリーに際しての留意事項

  1. 申請書類は、所定の申請フォームに収めてください。
  2. 記入済み様式1、様式2を電子ファイルにてお送りください。
  3. 申請は該当する1部門のみに申請してください。
  4. 申請内容の活動は継続性がある活動とします。
  5. 補足資料がある場合は、任意に提出可能です。
    ただしA4サイズ10枚以内の容量とし、エントリーシートの所定欄に記載ください。 また、取組のわかる動画サイト(Youtubeなど)のある場合は「2.エントリーされる取組の概要『取組の紹介』」欄の末尾にURLを記載ください。
  6. エントリーシートに記載すべき内容を「別途記載」と記入し、添付資料に変えることはできません。
  7. エントリーシート等の応募書類は、低炭素杯2014の報告書等に使用させて頂く場合があります。
  8. エントリーシート等の応募書類は、一切返却致しません。
【お願い】
応募に当たっては、活動している地域の団体や連携している個人・事業者に対し「低炭素杯2014」の紹介を積極的に行ってください。

5. 選考

(1) 書類審査

企画・審査委員会により、2014年2月14日、15日に開催する低炭素杯2014に出場頂く30-35団体程度を選考いたします。審査は以下の審査項目・基準を基に行われます。

a.部門共通の審査基準
審査項目 審査基準

①低炭素杯社会づくりへの貢献度

①事業がどのように温室効果ガス排出削減効果等、低炭素社会づくりへ貢献しているか。

②活動の必要性

②事業内容が活動地域の現状や問題点を整理し、活動地域や市民等のニーズに基づいたものであるか。

③活動の効果・先駆性

③事業が他のモデルとなるような波及効果が高いもので、先駆性、独創性を有するものであるか。

b.部門別の審査基準
部門 審査項目 審査基準

地域活動部門

①活動の持続性・発展性

②活動の広がり

③具体性・実現性

①事業が地球温暖化対策にとどまらず、地域活性に繋がっているか。

②地域の他の主体と連携して事業を進めているか。

③活動の目的・目標の達成に向け、具体性、実現性がみられるか。

学生活動部門

①学内での位置付け、広がり

②世代間の繋がり

③地域連携

①クラブ・サークル活動のみにとどまらず、大学、学校全体の広がりを有しているか。

②学生が在学中だけではなく、長期的視野に立った事業であるか。

③学生の所属する学校のみならず、地域の様々な主体との連携が出来ているか。

企業活動部門

①活動における社会貢献

②活動の連携

③活動の視点

①活動の事業目的、方法が低炭素社会づくりの社会貢献(社会問題解決を目的とした収益事業)のカテゴリーに含まれるか。

②事業目的、方法が低炭素社会づくりの取組と有機的な関連づけがなされていて、経営的にも持続可能な取組であるか。

③事業に従来の企業活動と明確な差異が見られるか。

パートナーシップ部門

①活動展開の規模や範囲

②連携・協力性

③活動の社会性や意義

①活動が全国規模あるいはグローバルに展開され一定の効果が見られているか。

②環境に限らず横の繋がりで活動の連携がとられ、活動の普及力が強化されているか。

③東北震災復興など喫緊の課題に対しても、低炭素社会構築に将来繋がる設計のもと取り込まれているか。

*上記①~③のいずれかに該当すること

3.特別賞の審査基準(部門横断的に選考を行う)  ※賞は、変更される場合があります。
名称 審査基準

最優秀グローバル賞

出場団体の中で、国際的な視点を有し、「国際社会への発信」のコンセプトを実現している活動に関し、優れていると審査された団体

最優秀家庭エコ活動賞

出場団体の中で、その活動が、家庭部門のエコ活動の活性化を推進した活動で、優れていると審査された団体

最優秀地域活性化賞

出場団体の中で、地域の多様な主体と連携し、地域がエコ活動で活性化した活動で、優れていると審査された団体

最優秀ストーリー賞

出場団体の中で、最もストーリーの点で、優れていると審査された団体

最優秀地域エコ活動賞

出場団体の中で、環境教育や普及啓発活動に特に力を入れている団体

最優秀次世代賞 出場団体の中で、最も次世代を笑顔にする活動を行い、さらに楽しく発表した点で優れていると審査された団体
(2) プレゼンテーション審査(書類審査で選考された30-35団体のみ)

低炭素杯2014当日において、各出場団体4分間のプレゼンテーションを行って頂き、企画・審査委員会の委員が表彰団体の選考をいたします。

6. 本事業における個人情報の取り扱いについて

  1. 低炭素杯2014実行委員会は、本事業で収集するすべての個人情報の取り扱いについては、個人情報の保護に関する法令を遵守します。ただし、本事業および関連事業実施に伴う連絡業務、及び属性の集計に使用する場合がございます。
  2. 個人情報を本人の許可無く業務委託先以外の事業者や個人などの第三者に提供および公開することはありません。