低炭素杯2013とは

 

次世代に向けた低炭素社会の構築をめざして、学校・家庭・有志・NPO・企業など多様なみなさんが、全国各地で実施していらっしゃる、地球温暖化防止に関する地域活動を報告し、学びあい、連携の輪を拡げるために、低炭素杯は2011年に生まれました。

 

これまでの低炭素杯は、さまざまな民間企業や団体のご支援をいただいて開催され、小学生・高校生から地域のくらしのベテランと企業まで、多様な団体によって実践されている、自然エネルギーの活用・普及や節電・省エネなど、多様な取り組みの発表を通じて、ノウハウの共有や交流が進みました。

 

2013年からは、気候変動に関する国連枠組条約の京都議定書における第2約束期間が始まり、新興国・途上国の経済成長に基づく需要の推移や、日本国内における中長期的なエネルギー需給のあり方の再検討など、温暖化対策にも、新たな段階(ネクスト・ステージ)へと歩を進めることが求められています。地域に根差した実践を、国内はもちろん、アジアをはじめとした海外とも共有することが、ますます重要になっています。

 

そのためにも、低炭素杯は、一時的な機会にとどまるのではなく、持続的・拡充的に開催し、これまで以上に多様な地域で、多様な主体・セクターの連携を促しながら、低炭素社会の構築に取り組む人々が歩み続けるための基盤としての役割を果たしてまいります。

 

低炭素杯2013開催概要

(1) 日程及び内容

年月日 時間 内容

2013年2月16日(土)~17日(日)

(1日目)

13:00~17:30

・出場団体によるプレゼンテーションと審査

・ロゴマーク最優秀者の表彰

(2日目)

13:00~16:00

・特別シンポジウム

・表彰式

(2) 会 場

東京ビッグサイト 国際会議場ほか(東京都江東区有明3-11-1)

(3) 主 催

低炭素杯2013実行委員会(委員長:小宮山宏プラチナネット構想ネットワーク会長)

(4) 共 催

株式会社LIXIL

一般財団法人セブン-イレブン記念財団

一般社団法人地球温暖化防止全国ネット

(5) 特別協賛

キリン株式会社、日本マクドナルド株式会社、公益財団法人損保ジャパン環境財団

(6) 特別協力

ブリティッシュ・カウンシル、木原木材店(北はりま小径木加工センター)、株式会社オルタナ、

特定非営利活動法人気象キャスターネットワーク、日報ビジネス株式会社

(7) 後 援

環境省、プラチナ構想ネットワーク

(8) 事務局

一般社団法人地球温暖化防止全国ネット

 

優れた活動を行う団体、企業に対する表彰

表彰は環境大臣賞としてグランプリ(1団体)、準グランプリ(各部門から各1団体、計4団体)を授与いたします。また、エントリー団体の中から、特別賞として最優秀グローバル賞、最優秀家庭エコ活動賞、最優秀地域活性化賞、最優秀コミュニケーション賞、最優秀地域エコ活動賞等の授与も予定しています。各賞受賞団体に対し、各種副賞を予定しています。